再生因子注入療法リペアニーズ|品川大井町整形外科・リハビリクリニック|東京都品川区大井町

〒140-0011 東京都品川区東大井5-2-3 おおい元気館3階
アイコン03-6433-0988
ヘッダー画像

再生因子注入療法リペアニーズ

再生因子注入療法リペアニーズ|品川大井町整形外科・リハビリクリニック|東京都品川区大井町

再生因子注入療法
リペアニーズ

当院では手術をしない新しいひざ治療“再生因子注入療法リペアニーズ”を取り扱っております。

再生医療技術を応用したひざ治療として、再生因子注入療法リペアニーズを提供しております。
PRP療法を発展させた療法で、患者様の血液から抽出したPRP(多血小板血漿)を、さらに濃縮 無細胞化を行い、精製された
『再生因子濃縮液』を患部に投与する治療法です。

再生因子濃縮液には傷ついたひざを修復したり、ヒアルロン酸の産生を促したりする再生因子(サイトカイン)が豊富に含まれているため、
手術をせずにひざの痛み軽減と、疾患の進行を抑制する効果が期待できます。

詳しくは、下記のリンクよりご確認ください。

PDGF
VEGF
TGF-β
EGF
FGF

治療の流れ

治療の流れは、まず最初に患者様の血液を採取。血液は細胞加工センターに送られ、約3週間かけて“再生因子因子濃縮液”を精製します。
その後、精製された再生因子濃縮液を患者様のひざに注入し、治療を行います。

PRP療法の流れPRP療法の流れ

PRP療法とは

血液に含まれる血小板には、多量の再生因子を放出して、損傷した細胞を修復する働きがあります。
この血小板の力に着目し、患者様の血液から濃縮された血小板(多血小板血漿)のみを取り出し、患部に注射して内側からの細胞修復を促す治療がPRP療法です。主にスポーツ外傷や変形性膝関節症に効果があり、プロアスリートを中心に注目を集めています。

PRP療法を進化させたリペアニーズ

PRP療法は抽出した多血小板血漿(PRP)をそのまま投与しますが、再生因子注入療法リペアニーズは抽出したPRPを厚労省認可の細胞加工センターでさらに濃縮活性化。その後、細胞が残っている場合、炎症を起こすリスクがあるため、全ての細胞を丁寧に取り除き、無細胞化することで、より効果と安全性を高めています。

PRP療法を進化させたリペアニーズ

再生因子注入療法リペアニーズ
アイコン Page Top